当学会について

HOME»  当学会について»  ご挨拶

会長挨拶

バイオインテグレーション学会の設立

数千年前のヒトの顎骨に貝殻のインプラントや鉄製のインプラントが埋められていたことが報告され、インプラントの歴史は他の歯科治療に比べて極めて古いことは明らかです。歴史的には様々なインプラントが登場しましたが、インプラント治療が確実な治療法となったのは、チタンが骨と結合(osseointegration)することをBranemarkが見つけ、チタン製のインプラントが用いられるようになってからです。1965年にチタン製のインプラントがヒトに臨床応用されてから半世紀近くが経過した現在において、インプラント治療は特殊な治療ではなく、歯が欠損した場合の治療法の一つとして広まっています。

チタンには様々な表面処理を加えて粗面化することで、チタンの骨との結合は促進されます。現状欧米ではチタン表面をこのように改変したインプラントが盛んに用いられています。一方我が国においては、チタンにハイドロキシアパタイト(HA)をコーティングしたインプラントが多数用いられています。欧米と我が国で使用されるインプラントが異なることの理由はいろいろと考えられますが、欧米ではHAコーティングインプラントの品質が悪く臨床成績が悪かったが、我が国では品質が高いHAコーティングインプラントの使用が可能であり臨床で問題を起こさなかったことが大きな理由として考えられます。使用するインプラントがチタン表面を改変したインプラントであるか、HAコーティングしたインプラントであるか、あるいは症例において異なるインプラントを使い分けるかは、臨床家によって大きく異なっています。このような状況において、多くの臨床家が臨床経験を自由に交換し、新しい情報を得ることができる場が求められています。

チタンと骨が接する現象(osseointegration)の発見がベースとなって、近代インプラントが発展したことは事実です。しかしHAを骨内に埋入した場合も同様の現象が起き、HA表面ではチタン表面に比較して骨形成が促進されることは明らかです。電子顕微鏡で観察すると、チタンと骨の間には一層の非石灰化構造物が存在しますが、HAとの骨の間にはそのような構造物は存在せずインプラント表面のHAと骨のHAとの間に結晶の連続性が観察されます。このようにチタンとHAでは骨との結合様式が異なるので、HAと骨との結合は biointegration と呼ばれ、チタンと骨との結合とは明確に区別されています。今後も骨と biointegration を可能にする新規のコーティング技術が開発され応用されることで、さらに優れたインプラントが登場することが期待されます。また、現在においても、チタンあるいはHAと骨との結合について、分子および細胞レベルでの詳細が不明ですので、その解明が待たれています。

本バイオインテグレーション学会が、バイオインテグレーションに関わる臨床家と研究者の垣根のない情報と意見交換の場となり、世界をリードしていくことを祈念しております。

バイオインテグレーション学会
会長 春日井 昇平

理事長挨拶

バイオインテグレーション学会の設立趣意と将来

21世紀の歯科インプラント医療の発展に貢献するためにバイオインテグレーション学会を世界に先駆けて立ち上げました。
「バイオインテグレーション」は、歯科インプラントの世界ではハイドロキシアパタイト(HA)と骨組織が直接的に結合している状態を表す言葉に使われます。

一方、「オッセオインテグレーション」は、現在、世界的に普及しているチタンインプラントと骨組織が結合組織を介さないで密接している状態を表す言葉として広く知られています。

したがって、バイオインテグレーション学会は、HAインプラントに限定された学術的組織と思われますが、チタンインプラントの有効性およびオッセオインテグレーションの本質が基礎になっていることはいうまでもないでしょう。たとえば、骨伝導能に乏しいチタンインプラントのフィクスチャー部に粗面加工などの表面処理をする目的は、チタン表面を親水性にする(細胞に対して濡れ性を高める)ばかでなく、顎骨内でチタン表面に石灰化を促進することであり、このHAに類似した石灰化物が骨形成を促進させて早期にオッセオインテグレーションが獲得できるといえます。

このように、歯科インプラントを臨床的ならびに基礎科学的に考える上で、オッセオインテグレーションとバイオインテグレーションを同時に考慮しなければならないと思われます。

自動車産業にも匹敵する潜在的な市場を有するといわれる歯科インプラント医療を飛躍的に発展させるために、バイオインテグレーション学会を一つの核として歯科医師会はもちろん歯科医学会、政府や産業界の協力を得て、会員の皆様とがんばっていきたいと思います。

バイオインテグレーション学会
理事長 青木 秀希

Page Top